たくさんの手に握られた工具

教室に行ってみよう

本を持つ女性

「色」に注目して

「わ!コレおしゃれ」と人が目を輝かせる物は、どんな物でしょうか?
まさか、毒々しい赤黒い色をした物体ではないでしょう。おしゃれの称号を得るからには、それは相応の見た目をしているはずです。形も、色も。
ここではその中でも特に「色」に注目してみましょう。

おしゃれの基本は色。これは確かなことです。どんなにセンスの良い形を指定たとしても、色がイメージと合わなければすべてパーです。
色が分からないこと。それはすなわちおしゃれがわからないことと同じなのです。たとえばDIYで部屋を模様替えしようなどと思って、トンチンカンな色に仕上げてしまったら……?
ゾッとしますね。
というわけで、しっかりと色に関しては感覚を磨き、センスを磨いていきましょう。

カンタンなDIY

難しく考えることはありません。もちろん、「おしゃれ」というものは追求していけばいくほど迷宮に転がり落ちてしまうものではありますが、ラクに考えましょう。
簡単に用意し、簡単に行うことが出来る部屋の模様替えのDIYがあります。もし失敗してもやり直しがきく、そんなものも。

たとえば、部屋のイメージをガラリと変えるDIY。壁の色を替えておしゃれを演出しようとした時。
ここで、いきなりペンキの缶と刷毛に手を伸ばすのではなく、まずは「壁紙」に注目してみましょう。今では、何とホッチキスでパチンパチンと留め、それで完成するというお手軽感満載の壁紙もあるのです。
やり直しOKなので、気がすむまでドシドシ挑戦していくことが出来ます。