たくさんの手に握られた工具

安く手に入れよう

リース

「光」に注目して

光のないところに影はなく、影がないところには立体感もなく、シャープ感もおしゃれさもありません。
ある宗教では、神は初めに光をつくったと言っているそうです。実に正しいことのように思えます。光こそ、私たちの世界を作り上げているすべてを照らし、見せてくれるものではありませんか。
そして、この光に一工夫することによって、おしゃれのDIYもぐっと深くなるのです。

照明がキマっていることは、部屋全体がおしゃれにキマっているということを意味します。照明器具にこだわったDIYこそが、あなたの部屋を揺るぎない「おしゃれ」として完成させてくれるのです。
単調ではない、意外性のある光。そんな照明器具、そしてその配置……。光のDIYの技術を磨いていきましょう。

間接照明の話

DIYというのは「Do It Yourself」なわけですから、何も古城に吊り下げられているような超巨大なシャンデリアを持ってこいとか、壁にろうそくを灯すための燭台を取り付けろとか、そういうことを書く気はありません。
簡単に置けて、それでもっておしゃれ感を演出することが出来るアイテムなどを紹介することが、ここではDIYの紹介になるでしょう。

「間接照明」これがカギとなる言葉です。これこそが部屋を光あふれるおしゃれな場所にしてくれるものです。
これは直接照明である、たとえば天井からぶら下がって部屋全体を照らしている蛍光灯とは別のものです。
蛍光灯のように光がまっすぐ部屋全体に届くというのではなく、照明器具の光がいったん壁などに反射して、そこから輪郭のにじむようなぼんやりした光を浮かばせるというものです。
そこにある「淡さ」が、とってもシンプルながらハイレベルなおしゃれ感を出してくれるのです。